SFR(可変式フューエルプレッシャーレギュレーター)

エンジンの吸入空気量を増やすようなチューニングを行ったときに発生する燃料不足(特に高回転、高負荷時)を補うためのパーツになります。

SFRの特徴

アイドリング時の燃調はノーマルに近い状態にしつつ、アクセルを踏み込んだ時のみ燃料を増量することができます。
SFRの最大のメリットは安定したアイドリングを損なうことなくインジェクションMINIのパワーアップの補助を可能にすることです。

機能はスロットルの負圧を利用し、燃圧を変化させるものです。
スロットル負圧の最大時と最小時の燃圧の差は約0.4キロとなります。
分かりやすく言えばアイドリング時と全開時の差ということになります。
出荷時はアイドリング時の燃圧を約0.9キロにセットされていますので全開時の燃圧は約1.3キロとなります。
(注意:エンジンの仕様によりスロットル負圧には差があり多少の燃圧差が生じます。)

装着に適したエンジンチューニングの一例
○ビックスロットルやハイリフトロッカー装着車
○インジェクションMINI専用カムシャフト装着車(キャブ用カムも1部使用可)
その他、エンジンパワーの目安として75馬力から90馬力前後の車

基本的な取り付け方法は純正プレッシャーレギュレーターのスプリングキャップをSFRに交換します。そしてSFRにスロットル負圧からのバキュームホースを接続するだけのシンプルな装着方法になります。
しかし、エアクリーナーにバキュームホースを通すための穴開け加工は必要になります。

燃圧の調整方法は頭の調整ネジで行いますがこの燃圧調整には燃圧計による確認をお勧めします。
(H25.4.20追記:実際には燃圧計を使わずに感覚で調整しているユーザー様がほとんどです!)

【注意】
フューエルラインに燃圧計を割り込ませる際に同時点火方式のMINIの場合フューエルホースを途中でカットする必要があります。
(この年式の場合はホースの両端がカシめられているのでパイフから容易に外すことが出来ないためになります。)

【注意】
SFR装着によりスロットル(インマニ)負圧の変化に応じて燃圧も変化するようになります。
このため、2000〜3000RPMのエンジン低回転時にアクセルを急激に開けた時に燃圧も急激にあがります。ごくまれにですがカブリの現象が出ることがあります。
燃圧のセッティングに関してはエンジンの仕様により若干の違いがあります。

【SFR取付参照資料】
SFR取付参照資料その1
SFR取付参照資料その2

【関連ブログ】
・TKI様。PECSとSFRと車高調整です。
http://brog-camel.camel-auto.co.jp/archives/52137288.html
販売価格 18,000円(税込19,440円)

合計金額30,000円以上で送料無料!

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

店長:まったーマン

ローバーミニ・クラシック・ミニ専門店キャメルオートのオンラインショップ。 まったーマンが見つけたおもしろ商品やブログで話題のパーツ・グッズは、全国どこからでもご購入いただけます。